近視・遠視

 光(平行光線)が神経の膜である網膜にぴったり焦点を結ぶような目を正視眼と呼びます。網膜の前方や後方で焦点を結んでしまう状態が、いわゆる近視遠視と呼ばれるものです。これらの状態では、遠くにあるものを見たときの像の焦点が網膜に合わないため、像がぼやけて見えることになります。これを補正するためには、眼前に補正レンズを置く必要があります。この補正レンズの代表選手が眼鏡です。

 

網膜より前方で焦点を結ぶ近視では…焦点を後方にずらすメガネ

網膜より後方で焦点を結ぶ遠視では…焦点を前方にずらすメガネ  

が必要となります。

乱視

 眼球が均一な球体であれば乱視は生じないことになりますが、人間の目は大なり小なり歪みがあるのが普通で、そうなると角膜や水晶体を通過する光の屈折が光の入ってくる方向によって均一でなくなります。多くの乱視は、近視や遠視と同様に補正レンズで矯正することが可能です。角膜の病気などが原因で起こった乱視は矯正することが困難となります。

老視

 老視とは、遠くを見たり近くを見たり、自由にピントを変える力が衰えることによって起こるもので、近くのものを見る際に困難をきたした状況をさします。昔から俗に「老眼」と呼ばれています。

 眼の中に水晶体というメガネのレンズみたいな形の組織があります。水晶体の周りの筋肉は水晶体の屈折力を状況に応じて変化させる役割(調節)を果たしており、特に、近くのものを見ようとするときは屈折力が大きくなるよう水晶体の厚みが増加します。私たちの目はこのような調節を自動で行っています。若い人ほど調節力(調節の幅)が大きいのですが、この力は加齢(老化)とともに衰えてくるため、疲労感を感じやすくなります。
 40歳代くらいから、徐々に近くを見る作業の時に眼が疲れるなどの不快感を感じ始めます。普段遠くを見るために使用しているメガネをかけた状態で近くのものがぼやけるなどの症状が出現するのです。近くが見やすくするため、近視を完全に矯正しないなどの工夫も必要となります。

 

眼鏡処方

 「眼鏡処方」と一言で言っても、車の運転用(遠距離用)・パソコン作業用(中距離用)・読書用(近距離用)・その兼用など、用途によって処方形態は様々です。熟練のスタッフが、患者さんのニーズにあった適切なメガネを提案します。

 特に近用眼鏡(老眼鏡)の処方は、スタッフの慣れを要します。老眼鏡にもさまざまな種類があり、目的に応じて選ぶことができます。分かり易く説明致しますので、何なりとスタッフに相談してください。
(1) 近用専用の眼鏡
(2) 眼鏡レンズの上方は遠くを見るための、下方は近くを見るための二重焦点レンズ
(3) 中間距離も見えるようにした三重焦点レンズ
(4) 遠方と近方の境界が目立たないよう、段階的に変化していく多重累進焦点レンズ

注意いただきたいこと

 眼鏡は、これまで記したように、近視・遠視・乱視・老視を矯正するだけの道具です。白内障・緑内障・網膜症などの病気を眼鏡で治すことは、もちろん不可能です。眼鏡店で直接眼鏡を作ることもできるのですが、眼鏡店では眼鏡の検査しか行えません。眼の病気が潜んでいる場合も見逃してしまうことになります。「この眼鏡で見えるはずです。」との説明だけで、網膜剥離が見落とされ治療が間に合わなかった若い患者さんを経験したことがあります。このような事態を避けるため、日本眼科学会では、眼科医院に受診し処方箋を発行し、オーダー通りの眼鏡を眼鏡店で作ることを勧めています。

コンタクトレンズ処方

 使い捨て・リユーザブル・乱視矯正・遠近両用・カラーコンタクトなど、各種コンタクトレンズを取り扱っています。熟練のスタッフが、患者さんのニーズにあったコンタクトレンズを提案します。

 

  当院で初めてコンタクトレンズ希望の場合、原則的にお試しのレンズを数枚無料でお渡しし、使用できそうか確認いただいてからご本人用のレンズを処方しています。また、初めてコンタクトレンズをお試しの場合は装用練習が必要となるため、時間に余裕をもって来院いただいています。

 

 コンタクトレンズは、目の表面(角膜)に直接触れるものなので、取り扱いを間違えると、時に重大な角膜の病気を起こします。また、眼科医による定期的な検査が望まれます。コンタクトレンズの長期利用により、角膜内皮(角膜の透明性を保つ上で大事な部分)が障害を受ける場合があります。当院では、角膜内皮検査を無料で行っています。

 

アカントアメーバ角膜炎

 傷付いた角膜にアカントアメーバが寄生して起こる角膜感染症で、感染することはまれですが、感染したら治療がとても困難な病気です。発症した人のほとんどがコンタクトレンズ、特にソフトコンタクトレンズ使用者であり、誤った使用法が原因である場合がほとんどです。 
 通常ソフトコンタクトレンズは専用の洗浄液で洗う必要がありますが、このソフトコンタクトレンズを水道水で洗ったり、ゆすいだりすることで、原因微生物アカントアメーバがコンタクトレンズに付着します。そのようなコンタクトレンズを数日つけっぱなしにすることが原因です。
 またそのようなコンタクトレンズを保存液に浸しますと、アカントアメーバが保存液を汚染して増殖してしまい悪循環となってしまいます。
重篤な病気を起こさないために、下記をご参照ください。