他科の先生へ

1.急性緑内障発作;こんなcaseがriskyです。

 急性緑内障発作を起こす可能性のある薬剤があります。このような薬剤の使用は、教科書的には「緑内障患者に禁忌」とされています。ただし、緑内障のほとんどを占める開放偶角緑内障は、発作の危険はありません。また、閉塞偶角緑内障の方は、眼科で診断されているのであれば、予防の治療(レーザー・白内障手術)を行われていることがほとんどです。ですので、緑内障の既往がある(自分が緑内障であることが分かっている)方は、開放偶角緑内障または予防治療済みの閉塞偶角緑内障の患者さんと言えます。発作の危険は低いものと考えられます。

 一般に 高齢な方は、白内障の増悪により水晶体が肥大化するため、隅角が閉じやすくなります。白内障手術で薄い眼内レンズに置換されれば、隅角は広くなるため発作の危険はなくなります。 また、遠視の方は眼軸が短くなるため、理論上隅角が狭くなります。遠視は、遠くは眼鏡が不要で、近くは老眼鏡が必要な方に多いです。

 

 以上をまとめますと、下記の条件を満たす方が急性緑内障のhigh risk groupとなり、ほとんどの方が下記全てに該当します。 

  • 眼科通院歴がない
  • 白内障手術を受けていない高齢者
  • 遠視が強い

 緑内障発作の危険がある治療を行う際に参考にして頂ければ幸いです。心配な点がありましたら、是非ご紹介ください。

 

 

2.重症糖尿病網膜症が増加中です。

 ここ最近、重症化した糖尿病網膜症患者の来院が増加している印象があります。進行した網膜症は、手術を行ったとしても有効視力には至りません。視力不良が原因で、仕事を失う方もかなり多いものと考えています。

 多くは通院中断またはDM未診断の方です。中には、DMの内科的治療は受けているものの、眼科は通院中断または通院歴なしの方もいらっしゃいます。視力に支障を来す状況ではないため油断されやすく、「大出血(硝子体出血)を起こして慌てて受診→緊急で治療するも有効視力に至らず」のパターンが多いのが現状です。

 DMの既往がある患者さんを診察された場合、一度眼科受診されているか確認いただければ、と思います。紹介状は特に必要ありませんので、眼科受診するようお声掛け頂ければ幸いです。

 

 H26.秋に手術設備を設け、糖尿病に伴う眼疾患への下記治療を、いずれも当院で行うことが可能となります。 「糖尿病のことならこの先生に」と思って頂ける医院を目指します。

 

  ・網膜症に対するレーザー治療眼内注射

  ・白内障に対する、超音波白内障手術

  ・硝子体出血に対する、硝子体手術

  ・新生血管緑内障に対する、緑内障手術